口説き方、男としての魅力、出会い方について

この記事で、あなたは

・好きな子に自分の魅力を体験させるには

・モテない自分を変えずに彼女を作ってしまうには

・口説き方、男としての魅力、出会い方について

を学んでいくことになります。

もしね、今あなたが好きな人がいたとして
その人と一緒にいる時っていうのは
「こいつ、おれのこと一体どう思ってるんだろ」
って、そればっかり気になる

すっごく気持ちはわかる

でも、意識を

「さて、こいつにおれの魅力を
どうやって体験させてるやるかな?」

ってこの意識にかわるだけで
もう相当に結果がかわってきますよ


あなたのいいところをあなたの好きな人が
【体験】してしまったら、あなたのことをね

「この人はいい感じだ」

って思わざるをえないんですよ


だから、あなたの好きな女性の気持ちを
確かめる暇があったら
どうさせたら【体験】させられるかに
全神経を集中すれば、いきなりモテだします

あなたのことを【好印象】に思わざるを得ないから

じゃー仮にAKBやももいろクローバーZの好きな子に
自分の魅力を【体験】させるには
どうしたらいい?

もうわかるでしょ?

あなたの優しさを体験させるためには?

まず【友達になること】です

だから「優しさ」や「安心感」や「頼りがいがある」
といったものがあなたの武器なら

【自分がブサイクでも100%で女と友達になる技術】
とセットで初めて機能していくんです

あなたが、かわい彼女が欲しいのにモテない
と思って嘆いていたとしたならば
女性があなたの魅力に気づける環境にいなかったから
女性に気づかせることができる親密度になれなかった

という可能性がかなり高い

だからね

あなたのことを【好印象】に思わざるを
得なくさせるために

あなたの魅力を確実に
【体験】せざるを得ない
距離感へ女性を持っていくんですよ

そして、【体験】せざるを得なくさせるために
【自分がブサイクでも100%で女と友達になる技術】が
生きてくるんです

おれはここにきづいて

【自分がブサイクでも100%で女と友達になる技術】が

なにかわかった時、一気に変わりました

人生が

いや、おれにはそんな「武器」はねーよと思われたあなた

大丈夫です


「ブサヤリ」はあなたにモテる魅力を
身につけてもらうことが【最強に得意とする分野】だからね


でも、今日おれが言ったことは絶対に
覚えて欲しいことなんです

そして今回は俺の友達でヒロシという男の話をしたいと思いますが
このヒロシという男は、現在32歳なのですが、いかんせん
モテる魅力のない男です

見かけも、オタクみたいな服装にメガネをかけていて
よくありません

そんな彼とは、これまで5,6回ほど
一緒に合コンをやったことがありました

しかし、彼のなよなよした女っぽい性格が災いし、
ゲットできた合コンはナシ

さらには、女に連絡先を聞いても

「今日、携帯忘れたから交換できない」と明らかに嘘なのがわかるいい訳で
連絡先すら交換させてもらえない


合コン中も女から

「気持ち悪いっ」

「もうしゃべらなくていいよ!」

という否定的な発言を食らったり、また、ヒロシが悪気なく女に
触ろうとしてしまい、超ドン引きされたりと

「これはこいつには一生彼女が出来ないかもな…」

と思わざるを得ない状況が続いていました

お手上げポーズの女性


しかし、そんなヒロシから、あるとき

「彼女が出来ました!これからは彼女を大事にするので
もう合コンにはいけません!」

という内容のメールが来ました


「言われなくても、もう呼んでないだろ…(苦笑)」

というのが俺の本音なのですが、なぜこのヒロシという男が
彼女を作ることが出来たのかをせっかくなので、
あなたとシェアしたいと思います

「横山さんが何か教えたからでしょ?」

というのは違います

俺は確かに、このヒロシという男と付き合いがありますが
俺の性分として、彼女が欲しいと思っていても

自分を変えたいと思っていない人に
モテる方法を伝授することはないので、
何かをアドバイスしたりはしていないのです

つまり、このヒロシという男は

【モテない自分を変えずに彼女を作ってしまった】

ということです

さらに

「あんまりかわいくない彼女では?」

と思う方もいるかと思いますが、後に写メを見せてもらったところ
ヒロシよりは確実に外見レベルは上の彼女でした


俺個人的には狙いたいタイプではありませんが
ヒロシにしては(かなり失礼ですが)
もったいないくらいの彼女と言えます

そして、さらにさらにですが

【彼女の方から告白してきて付き合った】

という訳です

本人はまさか、告白されるとは夢にも思っていなかったようです

こんなマジックみたいなことがヒロシに起こってしまったのです

なぜこんなマジックみたいなことが起こったのか?

そのカラクリを今からご説明したいと思います

そのカラクリですが、その秘密は俺がいつも言っている

【出会い方】に秘密があります


この出会い方がとてもよかったので、モテない自分を変えずに
彼女をゲットできてしまったのです

その出会いというのは、どこで出会ったのか?ということですが
その出会いの場というのは

サークルです

そして、どのようなサークルかというと

【バドミントンサークル】

になります

ここでヒロシは彼女と出会い、ゲットしたのです

このヒロシという男は、出会いだけは物凄くある男で
その出会いの場の1つとして、
バドミントンサークルに行くことをしていました

最初は、さほどうまくなかったのですが、活動してるうちに
どんどんバドミントンがうまくなっていきました

そして、うまくなったある日、彼女が新規メンバーとして
バドミントンサークルに来たわけです


俺と合コンをしていた時のヒロシは、会話が失敗しているので

「気持ち悪いっ」

「もうしゃべらなくていいから!」

とどんどん【価値を下げること】を言って、好意を下げていました

しかし、バドミントンサークルの中では、うまい方に属するので
ヒロシの【価値が上がっていた】という訳です

このように、女をゲットできるかどうかは

口説き方(会話・コミュニケーション)

男としての魅力(ブサイクがかわいい女にモテる戦略)

そして

出会い方(出会いの増やし方)

という3要素が決めるということになります


彼女が欲しいと思っている方
是非参考にしてみて下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加