女性との出会いの圧倒的な不足がモテる、モテないの差につながる

恋愛システムエンジニア、横山建です

モテない方の大部分が陥っているのが

【出会いの圧倒的な不足】

といえます

まず、出会いが不足していてモテるようになることは
絶対にありません

俺は恋愛コンサルタントとして、色々な男性をみてきましたが

この

【出会いの圧倒的な不足】

に陥っている方が大多数です


恋愛コンサルタントとしての経験上

出会いがあるのとないのでは
その人の人生においてどのような影響を受けるのか?

その人の人生においてどのような違いをみせるのか?

これを今回お話します

出会いの圧倒的な不足が男性に与える影響

その1 【ターゲットがそもそもいないのでモテない】

これは当然のことなのですが
落とせる確率10%のAさんとBさんがいたとします

半年で2人の女性としか知り合えないAさんと

半年で10人の女性としか知り合えないBさん


Bさんは仮に落とせる確率がたとえ10%程度のBさんでも
半年で1人の女性をゲットできます


しかし、Aさんが女性をゲットできるのは単純計算で

【2年半後】 なのです

2年半かかってようやく女性を1人なのです

俺たちの人生って生きられるのは一体何年間でしょうか?

考えてみてほしいのです

そして、恋愛において現役でいられるのは何年なのかを

半年間で2人しか知り合えないAさんのように
このまま人生を終えてよいものなんでしょうか?

これは俺からするとかなりもったいないとおもうのです

1度きりの人生

かなりもったいないです。間違いなく

また、落とせる確率10%で半年に10人の女性と出会えるAさんと

その3倍の確率でモテるという
落とせる確率30%のBさんがいたとします

落とせる確率10%と落とせる確率30%と簡単に数字で書いていますが

実際にこのようなAさんとBさんがあなたの前にいた場合
明らかにBさんの方がモテそうであり、Aさんは
Bさんと比べた場合、明らかに冴えない男だなーとおもうことでしょう


しかし、そんなBさんが半年に2人の女性としか
出会えなかったとしたら?


Aさんは【半年に1人ペースで女性をゲットしていきます】

Bさんは【半年に0人、1年間にようやく1人なのです】


これが5年間でみると

Aさんの恋愛遍歴 10人

Bさんの恋愛遍歴  6人

落とせる確率が3倍も違うモテそうな男なのに
Aさんの方が恋愛をたくさん経験することになるのです

このような現実はいたるところであります

そうなのです

これが何を意味するかわかるでしょうか?

あなたより明らかに冴えない男が

【あなたよりいいおもいをしている】

ということが非常にありえるということなのです

こういう事態を俺は何度となく目撃してきたのです

女性との出会いの圧倒的な不足がモテる、モテないの差につながる

さらに、出会いがないと事態はこれだけでは収まりません

出会いの圧倒的な不足が男性に与える影響

その2 【余裕がなくなる】

恋愛というのは

【追いかけすぎると逃げられる】というルールがあります

これはあなたも経験したことがあるのではないでしょうか?

女性は追いかけてきすぎる男性には魅力を感じないのです
踏み込みすぎると女性は警戒し、去っていきます

こういう意味で

あなたの周りに、女性が1人しかいないのは非常に危険です

なぜならば

【その女性の行動ひとつひとつが気になって仕方がないから】です


たとえば

「メールの返信がこないと一喜一憂する」

「最近冷たいのではないかと一喜一憂する」

「食実に誘って断れたと強烈に凹む」

このような場面に直面したときに気になって気になって
仕方がなくなってくるのです

そして

「冷静さを失います」

冷静さを失い、追いかけすぎたり、意地を張ってみたり
女性に対して弱気になったり、わけのわからないところで
自分のすごさを自慢してみたり

こうやって、その男性に1人女性があらわれてはそれを逃し
また女性が現れては逃しを繰り返している


相手の気を引こうとプレゼント渡したり
メールやLINEでなんとかしようとしている男性が
本当に多いのですが、残念ながら

それぐらいのことでは、好きな女性と付き合うことは
難しいというのが現状です


メルマガの方でも散々書いています。
かわいい彼女が欲しいけどうまくいかない・・・と悩んでいる方は
そちらも読んでみてください。

好きな女性と付き合うためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加