彼女が欲しいならわかっておきたい女心~6つの項目

【会っているとき】

好意が重いと受け取られる
髪型を変えたり、普段より可愛い服を着ていたら気づいて欲しい
アドバイスをしない、聞くだけにする
「なんでもいい、どこでもいい」は、本当に何でもいい、どこでもいいわけではない
軽い女と思われたくない
「好き」「愛している」などの言葉はかけたほうがいい
まとめ

好意が重いと受け取られる

男性には少し理解できないかもしれませんが

男からの好きで好きでたまらないという好意は
ときに女性側からすると重いと受け取られます


「愛している 俺が絶対幸せにする 結婚してくれ」

男の方が真剣なほど
女性も、ものすごく考えてしまい
大変だと思うのです。


告白も同じです。

うーん、このひと私よく知らないし
そんなにこの男のこと好きじゃないし
気持ちは嬉しいけど
面倒なことになったら困るから
とりあえず断っておこう
ごめんなさい

好きな女性が
あなたのことをよく知らなかったり
会社や学校が同じで知っているけど、興味がない場合はとりあえず断っておこう
という形になりやすいため 失敗します


プロポーズや告白で成功するのは、女性があなたのことを、ある程度好きな場合のみです。

プロポーズの場合は、私もこのひとのことが好きだからもう結婚したい
告白の場合は、私もこのひとのことが好きだから付き合ってみてもいいかなとなります。

「こんなに君のことが好きなのだから こんなに君のことを愛しているのだから」

という男側の主張は通用しないのです。


俺は君のことがこんなに好きだから、君も俺のこと好きになってよ
というのは残念ながら女性は受け入れてくれません。


男は好きでもない女の子や、知らない女の子から「好きです」と言われたら嬉しいし、
そのとき彼女がいなくて、女の子の容姿も悪くなければ、
とりあえず付き合ってみようかなとなります。


男の場合、モテることは異性から人気がある、自分の価値が高いということになり
付き合った人数も多いと、周りからすごいという評価になりやすいです



しかし、女性の場合は単純にそうはなりません。



女性の場合は貞操観念があるので、モテても誰でもいいというわけではありません。
色んな男と次々と関係を持っている、快楽に溺れているエロイ女という悪評を
立てるわけにはいかず、付き合う人間を厳選します。


そのため男と違い、こらから仲良くなっていこうという姿勢ではなく
好きなら受け入れるという姿勢です。



駅で初めて君のことをみかけてから、ずっとみていた。
家に帰っても忘れられない。
ずっと好きだった。


片思いの状態が苦しいので、もう我慢できないので
自分の気持ちをぶつけて大好きな彼女に振り向いてもらおう!


というのが多くの方がやってしまいがちなことですが、
あなたがどれぐらい彼女のことが好きかどうかではなく
彼女の方があなたのことをどれぐらいイイと思っているか?
で決まります。


断られた挙句の果てに
なんでこんなに好きなのに、だめなんだよ!
となってしまっては、余計逆効果です。


ここを理解していないので
ストーカーは一生報われません


好きな彼女に振り向いて欲しいので、一生懸命になってしまい

女性の方からは「なにこの男・・・・・・」と思われ
余計に避けられてしまいます。



彼女が欲しいのなら、好きな女性に嫌われる前に
彼女の好意を上げる努力をしましょう。



彼女への好意が重いと受け取られる

髪型を変えたり、普段より可愛い服を着ていたら
気づいて欲しい

あなたのために気合を入れて可愛くしてきた、おしゃれをしてきた。

でも女性は自分からは口にしないことの方が多いです


気付いて欲しい
自分のことをわかってほしい
というのが女心です。


うまく的確に指摘したり、褒めたりすることができると
すごい喜ばれます。


しかし男にはわからない、ささいな変化の場合が多いです


髪をちょっと短くした、髪の色をちょっと脱色して明るくしたなど
男からしたら、そうなの? と思ってしまうような場合も多いです。


余談ですが、なんかいつもと違うんだけど、どこが違ったのかはっきりとはわからないという場合
「なんか変わった?」と聞いてみてください。


なんか変わっている場合は、嬉しそうに話してくれるでしょう。
何も変わっていない場合は、「ううん? 特に何も変わってないよ」と
不思議な顔をされますが、特にマイナスにもなりません。

こういうのが面倒と感じる人がいるかもしれません (笑)

しかし結婚後夫婦の仲が悪くなるのは
男の方が奥さんの不満に気付いていない
というケースが圧倒的に多いです


奥さんの不満が積もりに積もって爆発
離婚を切り出される


言ってくれればいいのに
と思っても、もう手遅れ状態。


男は口論して言い合って決着をつける
白黒はっきりつけてその場で解決
という行動を取りますが


女性はそれさえ避けてずっと黙っている
というひとも少なくありません。


逆に女性が考えていること(女心)を察して
行動できるようになるとモテるようになり
結婚してからも長続きします。


これは、どうやったらできるようになるかというと
気が利くかどうかなどの人づきあいの経験と
女性経験両方いるのでとても難しいです。


普段は気が利かないひとでも女性経験をたくさんつめばできるようになりますし、
普段気は効くが女性経験が全くないという方は、これから経験を積んで
なぜ嫌がられたか、なぜフラれたかなど失敗した原因がちゃんとわかるようになれば
できるようになってきます。


アドバイスをしない、聞くだけにする

女性が悩みがあって愚痴をこぼしている場合、
下手にアドバイスすると逆効果の場合があります。


解決策を求めているのではなく
ただしゃべってすっきりしたいだけ
という場合が多いようです。


こうすればいいのに
ああしたら

などと、色々言うと逆に嫌がられます

男の方は彼女のためを思ってアドバイスしているのですが
女性の方はただ感情的になって言いたいだけ


意味がないじゃないかと思うかもしれませんが
ストレス発散してすっきりしたいだけ
本気で解決しようとしていない、聞いて欲しいだけのときがあるのです


そんなときに
「お前が悪い ここを直せ」

なんて言ったら嫌がられます

男と女で大きく違うところです。


男の場合は結論が出るまでああでもない
こうでもないと議論して
白黒つけて、または落としどころを探り
解決しようとしますが


女性の場合は、ただおしゃべりしたいだけ
という場合があるので注意してください。


これは結婚してからも同様で

例えば 
・友達の話
・パートでの話
・子供の話

などなど

女性が「今日はこういうことがあったよ」という話をしたいだけなのに
「今忙しい後にしてくれ」と言って奥さんにかまわず
話し相手にもならなかった場合、積もりに積もって
いきなり離婚を切り出されたりします。


男の方は悪いことをしているという意識が無いので寝耳に水。
やり直そう、考え直してくれと言っても


どうせどこが悪いか自分ではわかってないんだから
同じことになるでしょ
となって女性側は聞き入れてくれません


だから熟年離婚が増えているのです。

毎晩遅くまで仕事をしている真面目な仕事人間の男が陥りやすいです
気を付けてください

彼女が欲しいならわかっておきたい女心~6つの項目


「なんでもいい、どこでもいい」は、
本当に何でもいい、どこでもいいわけではない

どこにデートに行こうか、どこに食事に行こうか?
と女性に聞いて


「えー、なんでもいいよ」
と聞かれ
「じゃあカレーで」
「そこは嫌」

みたいに言われたことは無いでしょうか。


「なんでもいいって言ったじゃん!」

と喧嘩してはいけません。

彼女がOKなところなら、イタリアンでも和食でも中華でもなんでもいいのです。

彼女が嫌じゃないところなら、何でもいいのです


この、嫌じゃないのはなにか
というのを察する能力が男には必要です


提案して拒否されたら文句言わずに、すぐに次の案を何か出してください。

お姫様のわがままに付き合ってあげてください 笑


またデートで長く付き合っているとだんだん行く場所がなくなってきます

「どこいこうか、何やろうか」
「なんでもいいよ」
「じゃあファミレスで」「そのあとは俺の部屋でDVDでも借りてみよう」


みたいに、またあそこかい・・・みたいに思われないようにしましょう

常に女性をドキドキさせられるよう、考えて行動してください。


あなたのことが好きでも、一緒にいてつまらない状態が続くと
彼女の気持ちが冷めてきて、ふとしたきっかけで別れ話に発展してしまいます。


結婚してからでも旦那さんの方が知恵を振り絞って、
デートではなるべく同じところには行かないようにしたり
たまには旅行に行ったり
エッチの際、たまには違ったことをしたりすると
長続きします。


うまくリードできる男になってください!

関連記事はこちら↓ 彼女が欲しい方必見!!

彼女が欲しいひとのための恋愛の学校です。
 学校では教えてくれない女性との会話などを教えます。

この記事の3つのポイント

・彼女が欲しいなら好感度を上げること

・女性から微妙と思われてる場合でも、デートに誘うときは粘るべし!

・彼女が欲しいなら、リードできるような男になる



軽い女と思われたくない


あなたのことが好きで
デートに誘われたら行ってもいいんだけど
エッチに誘われたら行ってもいいんだけど


と思っていても、恥ずかしかったり軽い女とは見られてたく無いので
女性の方からは、なかなかはっきりとは言ってくれません。


髪型や服装 変えたら気づいて欲しいというところにも書きましたが
女性は気づいて欲しい、察してほしいと思っています。


男の方が彼女のことを大事にするあまり、踏み込んだことをせずに
ずるずると関係を続けていくと「なんで気づいてくれないの」
鈍感と思われて、彼女の気持ちが冷めて離れていってしまうかもしれません。


彼女が自分のこと好きかなと思ったら、
勇気を持って男らしく誘ってください。


「終電逃した」とか「酔っちゃったみたい」とか
「今日は帰りたくない」なんて言われたら大チャンスですよ!!


そのとき大真面目に「ホテル行こう」なんて言わないでください。
「疲れたね、ちょっと休んでいこうか」
みたいにオブラートに包んでください。



「ホテル行こうか?」「泊っていこうか?」
など、相手の女性に許可を求めるような言い方もダメです。


軽い女と思われたくないので、女性はうんと言いづらいのです。
世間話をしながらホテル街にいくなど
あなたがうまくリードしてあげてください。


関連記事はこちら↓ 彼女が欲しい方必見!!

女性が発する脈ありサイン~10個紹介

この記事の3つのポイント

・モテる男は雰囲気を察するのがうまいですし、雰囲気作りもうまい

・逆に脈なしのサインとは!?

・モテる男は告白しません。なんとなく気づいたら好きになっていた
という風にさせるのが非常にうまい



「好き」「愛している」などの言葉はかけたほうがいい



これはどちらかというと付き合ってからのことですが
「好き」「愛している」などの言葉は
直接口にして彼女に言ってあげたほうがいいです

無いと女性は不安になります


逆にチャラい詐欺師でも、これらの言葉の使い方がうまいと
甘い言葉に感情を揺さぶられ、恋に落ちてしまいます。


「好き」「愛している」などの言葉を巧みに使い女心を操り、
女性をすっかり虜にしている男もいます。


日本の男は恥ずかしがってあまりこういう言葉を口にしませんが、
「好き」「愛している」とたまには言った方が女心を掴めます。


ただし、告白はまた別です。
相手の女性が、十分にあなたのことを好きでは無い段階で
「好き」「愛してる」「付き合ってください」
と言ってはいけません。

大抵の場合は断られます。


理由はこの記事の一番最初にも書きましたが
好意が重いと受け取られる
の欄を参照してください。

まとめ

女心を理解するためには経験を積んでいくのが一番ですが
まずは知識で色々学びましょう


メルマガを発行しています
購読は無料です
毎日ちょっとずつ勉強したいという方に向いてます

彼女が欲しいという方は読んでみてください
登録はこちらから↓

彼女が欲しいなら、もっと女心を勉強しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加