女性との会話は適切なタイミングで適切なテクニックを使うこと!

恋愛テクニックを知っていても、
デートや会話の中で適切に使わなければ意味がありません。

恋愛テクニックばかりに固執し、女性に試しているものの
全く仲良くなれないひとが多いのは、
相手の女性の属性と適切なタイミングで使っていないからです。

・好意を上げるには相手の属性を知ることが大事です

関連する記事はこちら↓
女性から自分が好かれているかどうかを知るには

好意を上げたいと思う女性に対して
あなたが知っておくべき属性は

・現在の相手の好意5段階レベル

・女性のS系/M系(SS、SM、MM)

・女性の冗談通じる系/通じない系

・女性のマジメ系/非マジメ系

です。

全く同じ恋愛テクニックを使っても
相手の属性によって反応は、まるで異なる。


S系の女性には主導権をとらせつつ、好意を上げるべきだし

M系の女性ならば、男側が主導権をとらなければいけません。


それで、特にわかってもらいたいのが
この属性分けの考え方は

・相手の女性の好意レベルが「4、興味なし」

の場合ほど、絶対に必要ということなんです。

なぜ「4、興味なし」の場合ほど必要なのか?

それは、何度かメルマガでもお伝えしているように

基本的に好意レベルが高い(「1、好き」「2、好感」)の
状態になっていれさえすれば

あなたがどんな行動をしても
好印象に取られることが多くなります。

ですが「3、普通」や「4、興味なし」では

ささいな事でさえ、悪印象を与えてしまう。

昨日のメルマガでも紹介しましたよね。

======================

また「1、好き」の女性なら
「声が聞きたくなって電話しちゃったよ」と電話しても

受け入れてくれる可能性が高い(正確には、女性のS/M属性で変わります)


ですが

「4、興味なし」の女性に
「声が聞きたくなって電話しちゃったよ」と電話したら、どうなると思いますか?

「え、なんなの?・・・怖い」とストーカー扱いされても、おかしくありません。

======================

このように、好意レベルが低い状態だからこそ

好意を下げる事がどんどん多くなります。

だから、相手の属性などを考慮して
より正しい対応をしていく必要があるんですね。

最初から好意レベルが高い状態にするには
外見やステータスなど第一印象が良い事が条件です。


その結果

【最初から好意レベルを高められる男(外見が良いなど)】
 ↓
【女性の好意レベルが最初から「2、好感」】
 ↓
【何をしても好印象にとられやすい(好意が上がりやすい)】
 ↓
【勝手にゲットできる】

という状況になります。

元ホストなどのイケメンが語る恋愛ノウハウが
役立たないのはこのせいなんですよ。

元々、最初から好意レベルを高められる男が
有効だと言っている恋愛ノウハウは

最初から好意レベルが「2、好感」以上だからこそ
可能になるノウハウばかりで

「4、興味なし」相手の女性には、使えません。


追加していうと、こういう外見の優位性だけで
モテている

年をとって外見の優位性が衰えたときに
全くモテない状況になります。

女性との会話は適切なタイミングで適切なテクニックを使うこと!

「4、興味なし」の女性の好意を上げたいならば

・女性の好意5段階レベルを見抜く

・女性のS系/M系を見抜く

・女性の冗談通じる系/通じない系を見抜く

・女性のマジメ系/非マジメ系を見抜く


そして、

・クリティカルスキル(3つの会話の方向性)

を使う。

必ずこの手順を使ってください。

それで今回は

・クリティカルスキル(3つの会話の方向性)

について説明します。


このクリティカルスキルとは、簡単に言えば

どういう会話をすれば好意が上がるのか?を
明確に体系化したものです。

昨日のメルマガでも書いたように
3つの会話の方向性とは

1【あなたにも女性にも関係していない会話(布石)】

天気やペットなどの当たり障りのない会話


2【相手のことに関する会話(有効ネタ)】

恋愛話や、彼女の家族の話


【感情のぶつかり合いがある会話】

の事です。

ちなみにあなたは、女性の好意を上げたいなら

この中のどの会話が必要だと思いますか?

ちょっと考えてみてください。

 ↓ ↓ ↓

正解は【全てが必要】です。

女性の恋愛話を聞きだすなどが有効という話は
知っている方も多いでしょう。

ですが、天気やペットなどの当たり障りのない話が
必要ないのかというと

そうではありません。

俺の所に来る恋愛相談で多いもので

「どんな話(ネタ)をすれば、好意が上がりますか?」

というものです。


恋愛話など、話のネタも当然重要です。


しかし、それよりもっと大事なのは

【これら3つの会話を、順序よく、混ぜること】

なんですよ。

視点を変えてください。

「1つの会話で何を話すか」ではなく「全体でどんな流れの会話をするか」です。

【あなたにも女性にも関係していない会話(布石)】の例として

「今日はいい天気だねー」などと当たり障りのない会話ばかりして
女性の好意は上がるでしょうか?

まぁ、下がる事もないですが、上がりにくそうです。

では【相手のことに関する会話(有効ネタ)】でもある

「昔、どんな男と付き合っていた?」という恋愛話は?

これは確かに上がりそうですね。

ですが、ここで考えてみてください。

これを、出会った瞬間に言ったら、相手はどう思うでしょうか。

「おはよう。A子ってさ、昔どんな男と付き合ってたの?」

こんな風に会話をして、好意は上がると思いますか?

「何こいつ、気持ちわるっ」と思われるのがオチでしょう。

つまりこの場合なら、ちゃんと【恋愛話を聞くタイミング】
このような会話をしなければいけません。

タイミングや属性についてさらに詳しく勉強したい方は、
メルマガの方で連載していますのでご覧ください↓

女性の恋愛タイプを見極める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加