友達の力を借りて、彼女に魅力を伝えてもらい付き合う方法

――――――――――――――――――――――――――――――――
  ◆確実に落とすシステム◆
――――――――――――――――――――――――――――――――

もしね

A君が

この飲み会の席で
C子の隣に座り、ひそひそ話しで

A君「ねぇ、C子。Bってぶっちゃけどう思う?」

C子「どう思うってなにが?」

A君「え?男としてよ(笑顔)」

C子「だってまだ何回も会ってるわけじゃないしわかんないよ(笑)」

A君「素直になろうぜ(笑)俺、Bと付き合い長いし相談のるよ」

こう言っちゃえば女友達1人、A君は作ることができます


そしてこのC子との会話の間に
Bと盛り上がってたD美へ

A君「ちょっと!Bと盛り上がりすぎじゃね?(笑)」

D美「そう?別に普通だよ」

A君「Bってやっぱりどうなん?男として」

D美「話してて楽しいよねー!でも、C子のお気に入りなんだー」

A君「うっそぉー!まじで?ってことはカップル誕生?
   じゃ、この恋の行方、俺たち2人で見守りますか(笑)」

これで女友達2人です

飲み会終了時にはA君、彼女なし、女友達2人になってます

—————————————————-

これはA君が、C子とD美に気に入られたからでは
ありません

第一印象でC子とD美がいいと
A君が思われたからでもありません

A君のトークが冴えてたからでもありません

それもこれも全部
「C子とD美がBを気に入っている」
ことを【友達になる理由】に変換できたからに
他なりません

C子とD美はA君を全く男として
見ていなくても
「C子とD美がBを気に入っている」
ことを【友達になる理由】に変換させることによって
女友達が2人増えてしまう

逆に言えばこういうことですよ

どんなに物凄い美人であろうが
高嶺の花であろうが
【友達になる理由】へ変換させることで
あっさりと友達になれてしまう

—————————————————-

そんな脈もない女友達2人ごとき
増やしてどうする?

それより口説いて白、黒はっきり
つけた方がいいだろ!

って思いますかね

でも、これだけでは当然終わらないわけなんですね

もし、次C子と連絡をとりたい場合
いとも簡単です

A君「ねぇ、C子。Bとどうなった?」

これでメールできるわけです


C子「んーなんか、B君が微妙で気持ちわかんない」

A君「まじか?、んじゃー1回作戦会議でもすっか
   ついでに飯いこうぜ」
   

これだけで食事にいけてしまうんです

あなたがウザがられることはありません

喜んであなたに話してきてくれて
喜んであなたと会いたいわけです

だって、C子の友達でB君のことを
一番知ってるのはA君だから


手助けしてくれる人が欲しいから

支えになってくれる人が欲しいから

そしてC子はA君に
「自分が今思うこと、飲み会からこれまでの経過」を
つつみ隠さず話します


—————————————————-

もしD美に連絡を取りたい場合は

A君「D美さんよ、C子さん今、悩める子羊らしいですぜ(ニヤリ)」

これで、D美はおもしろそうと思って話してくれます

もしD美を誘いたい場合は

A君「でも、D美このままでいいの?
   メールだと面倒くせーから
   話聞くし、ついでに飯付き合って」
   

これで喜んであなたに会いにくるわけです

これもあなたが第一印象で気に入られた
気に入られなかったは全く関係ない話なんです

友達の力を借りて、彼女に魅力を伝えてもらい付き合う方法
—————————————————-

1回2人きりで会ってしまって
下手に手をだしたりしなければ
2回目会うのは結構楽です


A君「ひまぁ??」

これだけで会えてしまいます


1度会って警戒心は解かれているから

何もしてこないってわかったから

面倒は起きないことがわかったから

で、また同じように
「自分が今思うこと、これまでの経過」を
つつみ隠さず話してもらうんです

—————————————————-

そして、これと同時に起こる
一番重要なことはこれです

喜んであなたに会いにきてくれているにもかかわらず
これがきっかけで

「武器」を【体験】させちゃってるわけです

結果的に

こうなると
C子とD美との間でA君の話がでると

C子「A君ってさー結構話やすいんだよねー」

D美「そうそう、なんか安心してなんでも話せる感じ?」

2人で共感すれば一気に好印象は高まる

自分が思ってたことは一人だけじゃなく
みんなが思ってることだとわかってもらえるから

—————————————————-

これはおれの妄想でいってるんじゃないんですよ

絶対にこうなります


だってこの2人【体験】しちゃってるから

【体験】させてしまっていれば必然的に

あなたのことを【好印象】に思わざるを得ません


そして何度も何度も会って関係を築いていける

人間関係=【その人の魅力】×【接触回数】

なんです

—————————————————-

もしA君がC子を好きな場合は
ここで一気にいけばいい

A君「C子、まだわからないの?」

C子「え?なにが?」

A君「てか、いつになったら気付くつもり?」

C子「だから・・・なに?」

これ夜景見ながら言えばいいんです

明らかに【確率】があがります


大学のサークルなど、友達や同僚の力を借りられる方は
ぜひ試してみてください。

ポイントは、彼女にあなたの魅力に気付いてもらうことです。

ひとは他人から言われてようやく気付くという場合が多々あります。

そのほかのモテる(彼女を作る)戦略の記事一覧はこちら↓

ブサイクがかわいい女にモテる戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加