女性に踏み込んでいくのがうまいモテる男がやっていること

横山建です。

 

女性と深い関係になった経験があまりない人にとっては
ある程度仲良くなった後
どうやって関係を発展させていっていいのか
イメージできないですよね。

 

女性にモテるための細かいテクニックは色々あるのですが
最初からあれもこれも考えていると
結局なにも出来ないということに
なってしまいがちです。

 

大まかにでもゴールまでの流れを考えておいた方がいいです。

 

要素を三つに分けると理解しやすくなります。

『場所』『会話』『ボディタッチ』

 

例えばゴールをホテルだとすると

ホテル
 ↑
薄暗い個室
 ↑
横並びで座れる居酒屋
 ↑
賑やかな焼き鳥屋
 ↑
開放的なカフェ
 ↑
待ち合わせ場所

のようにです。

 

なれない内は特にデートに使用するエリアの下見は
必須です。

 

経験を積むと使えるお店のデータが蓄積されていきますし

会話力も高まるので自由に
女性を誘導できるようになるので

必ずしも下見しなくても大丈夫になってきますが

 

自信がもてないうちほど
しっかり下調べをしておきましょう。

 

しっかり準備したという事実そのものが
あなたの自信にもつながります。

 

恋愛ノウハウに興味を持つタイプの人は

『よりうまくいきやすい方法』
を探すことに集中してしまって

 

こういった下調べや女性ウケのいいネタを集めるということを
おろそかにしてしまうことが多いので
より気をつける必要があります。

 

踏み込むための会話や、ボディタッチの具体的な方法については
塾でもお話していますが

 

今回は女性にモテるために、
それ以前の段階で気をつけなければならないことを

お話しておきましょう。

 

気をつけなければならないことは二つあります。

 

●小さくテストしていくこと

●踏み込んでマイナスの反応がきた時の切り返しを用意しておく

ことです。

 

慎重すぎて失敗するタイプの人は心当たりがあるかもしれません。

 

「いつ踏み込もうか?いつ踏み込もうか?」

と思って結局めぼしいチャンスを見つけれずに

なにも出来ずに終わってしまう。

 

そうならない為にはこちらから

たびたび踏み込んでいかなければならないわけです。

 

しかし、そうはいっても
やりすぎてしまうともちろんうまくいきません。

 

その為リスクが低くなるように
踏み込みの言動にユーモアを入れるなどして

リスクを回避していかなければなりません。

 

こちらから踏み込むことはしなければならないが

踏み込む際にリスクが低くなるように気をつけてください。

 

さらに、重要なのが

【反応が悪かった時の切り返し】なのですが、

 

これを用意していれば

多少悪い反応がきても落ち着いて対応できるので

その対応を見て女性は『余裕があるのかな・・・』と

感じるのです。

 

状況を発展させるのが苦手な人は

この切り返しがうまく出来ない為、

女性から悪い反応が返ってきたときに
感情的になったり、テンションが下がったり
します。

 

この悪い反応を見られると

女性は『余裕がないの?』とか『がっついてる(汗)』と感じるので

さらに引いてしまい、
心をどんどん閉ざしていってしまうのです。

 

なので小さくテストして
失敗したら挽回の方法を知っておく
というのが非常に重要です。

 

モテるには、常に冷静に相手の女性が、自分に対して
どれぐらい好意を持っているか判断していく必要があります。

 

それに関しては、好意5段階という概念を提唱しています。

モテるようになりたいと思っている方は、ぜひ読んでみてください。

 

関連記事はこちら↓
 
関係性が薄い女性との関係を良くし、仲良くなるには?|相手の好意レベルを見極めよう!

(Visited 153 times, 1 visits today)