女性にモテない人が、恋愛がうまくいかない理由|モテる男とモテない男の違い

横山建です。

 

女性とデートにはいけるのに、いつも最後は彼女にできない。

ダメになって連絡が取れなくなってしまう。

クロージング(口説くこと)が出来ない。

 

あなたはどうでしょうか?

 

また、好きになった女性ほど惚れさせることが出来ない。

 

こういうように、慢性的に恋愛がうまく行かない方というのは、

【しっかりとした理由】

というものがあります。

 

この理由を把握でき、この理由を打破できれば、おおげさな話ではなく、
あなたが好きになった女性を落とすことは割と容易に実現できます。

 

そして、この「好きになった女性ほど振られてしまう原因」

なんですが、これは俺も経験していたからよくわかります。

 

その理由は

「君は特別だと伝えること」

 

というあまりにも有名な恋愛格言がその人の頭の中に
強烈に残っているからなわけです。

 

いつも結果を残せない人は

「君は特別だと伝えること」

という恋愛格言が、もう身に染み付いています。

 

断言します。

 

これが【狙った女性を落とせない原因の1つ】となります。

 

「おいおい。俺が知ってるモテ男も、特別だって伝えることが大事だって
言ってたぞ・・・」

とおもう方もいるかもしれません。

 

しかし、これも非常に理にかなっています。

 

意味がわかりませんね。

説明します。

 

「君は特別な存在だ」

そう伝えることは悪いことではありません。

 

では、何が問題かというと

「君は特別な存在だ」と伝えている人の【マインド】

この違いにモテない原因があります。

 

マインドがモテる男とモテない男では、その根底が違うのです。

 

どういうことかというと、モテる男が

「君は特別なんだ」

と伝える場合の目的は、

 

【女性をその気にさせるため】

です。

 

一方、モテない男が

「君は特別なんだ」

と伝えている時というのは、

 

【気持ちを伝えたいから】

そして

【自分の感情を吐き出したい】

な訳です。

 

モテる男は、どの女性に対しても、それほど好きになってはいないのです。

 

好きになっていないことが前提の上で

「君は特別なんだ」と伝えて、【その気にさせるんだ】ということを
あなたに伝えたいわけです。

 

しかし、これを以前の俺のようなモテない男は、

「女性を特別視することが重要で特別扱いしないと嫌われる」

ととるわけです。

 

しかしながら

「君は特別だと伝えてください」

とあなたに教える人は、その女性のことを本当に
特別だとおもっているわけではなかったわけです。

 

ここに大きな違いがあるのです。

 

このようにあなたに教えてきた人達の実情は、

この言葉の裏で、本当は特別じゃないかもしれないという行動を
女性にとっていたりします。

 

そして、この行動とその気にさせるというバランスがあることによって

【引かれることがない】

といったことになっています。

 

しかし、これが女性を特別視せよという、この格言によって

「常に好意を持っているようにしていないと嫌われるかもしれない」

とおもうようになるという考えが身に染み付いてきます。

 

このような考えが染み付いてくると

 

LINEやメールの返信を遅くなんてしたら嫌われちゃいませんか?

タメ口でいきなり話すなんて嫌われませんか?

プレゼントはどんなものを用意すればよいでしょうか?

 

というように、付き合ってもない時点でおもうようになってきます。

 

この格言を中途半端に鵜呑みにした結果、
俺がいつも言っている好意5段階でいうと

 

女性はあなたに「好意レベル2 興味なし」 

あなたは女性に「好意レベル5 好き」

という『絶対に撃沈するパターン』が出来上がるのです。

 

なぜか?

あなたもおわかりのように、人間の恋愛心理には必ず

【追われると逃げたくなるという心理】があるからです。

 

【好きになった方が負け】

この恋愛の格言は非常に本質を突いたものです。

 

決して

「好きと言った方が負けではない」のです。

好きに【なった】方が負けなのです。

 

それでは!

 

【好意5段階についての記事はこちら↓】(ものすごく重要です)
関係性が薄い女性との関係を良くし、仲良くなるには?|相手の好意レベルを見極めよう!

(Visited 115 times, 1 visits today)