「モテる恋愛テクニック」オジサンのLINEが嫌われる理由

今日は

LINEについての
恋愛ノウハウをお伝えしようと思います。

 

LINEは女性とのコミニケーションとして
現在は、たぶん1番多いのではないでしょうか。

 

それこそ4、5年前は、まだメールが
主流だったような気もするんですけどね。

 

今はもう「メアドの交換」なんて言葉は
ほとんど使われないように思います。

 

ですので、それに伴って
私のところにくる恋愛相談でも
LINEに関係するものが増えました。

 

例を出せば

・相手が既読にならない

・ブロックされてしまう

・既読になってからの返事が遅い

・デートに繋がっていかない

・だんだんそっけなくなっていく

このような悩みも多く届きます。

 

それで、LINEを恋愛に使う場合には
大きくわけて2つ。

・LINEで女性の好意を上げる方法

・LINEで女性の好意を下げない方法

があるんです。

 

まず、これを意識していないと
結果として女性とのLINEはうまくいきません。

 

※惚れさせようとする場合です

女性の好意を上げるLINE

女性の好意を下げないLINE

は、まったく別物なのですが
ここを意識している人は少ないように思います。

 

女性の好意を上げるLINEもするけど
それ以上に、好意を下げるLINEをしてるから
嫌われてしまうのか。

 

女性の好意を下げるLINEはしてないけど
好意を上げるLINEをしていないから
友達以上になれないのか。

こちら、違いが分かるでしょうか?

 

とりあえずよくある失敗パターンを1つ
紹介してみます。

LINEで女性の好意を上げられない
(下げてしまう)理由の1つ。

 

それは

・LINEのメッセージは何をするために送るのか?

を意識してメッセージを作っていないという事。

 

 

 

LINEは、デートに誘うための
連絡ツールではありません。

モテるためのLINEメッセージの目的。

 

それは、

「自分は○○のような人間であるとイメージしてもらう」

ために送ることです。

 

ですから、そのために文章や単語を選んでください。

 

どういうことかというと

「こういう文章や単語を使うという事は
この男は○○な人なんだな」

と女性にイメージさせるように選ぶわけです。

 

この時に送るイメージが、相手の女性が思う
好きな男のイメージと合致すれば

女性の好意は、当然上がります。

 

逆に、女性が好きなイメージと違うイメージを
与えてしまえば、好意は下がります。

当たり前ですよね?

 

ですが、ここを意識していなかったり

そもそも間違ったイメージを与えるような
メッセージを送っている方が多いんです。

 

あなたは、自分が使いたい単語や
いつもの話し言葉のままメッセージを
送っていないでしょうか?

 

どういう単語を使うと、どういうイメージを
相手に与えるのかわかっていないと

予定通りに女性が惚れることはありません。

 

私も、恋愛塾の相談ふくめて
もう1000人以上の方のLINEを見てきましたが

「これじゃあ絶対だめやろ!」

という文章を送っている人が多すぎます。

 

※自分じゃ気づかないんですよね。。。

 

とくにオジサンでメール世代の人は
いまだメールの恋愛テクニックを、LINEでも
そのまま使っている人も多いんですが

・メールは手紙

・LINEは会話

くらい違うものですから、それでは効果がありません。

 

だって、手紙で書くような文章や量を
会話で一気に伝える事はないでしょうし

 

逆に、会話の一言(おはよう、など)だけを
わざわざ手紙で送る事はしませんよね。

 

同じ「文章を送る」というツールですが
LINEとメールでは、戦略が全く違うわけです。

 

少し話がずれましたが、とりあえず

・相手に渡したいイメージ通りの単語や文章を作る

というのが、LINEで好意を上げるためには
必須な事の1つです。

 

返信のタイミングや、どういう単語や
アイコンを使うといいとかも当然ありますが

 

それらは小手先のテクニックであり
本質ではありませんから。

あなたは相手に伝えたいイメージになるよう
メッセージを書いていますか?

 

以前、メールで送っていたような文章を
LINEで送ったりしていませんか?

 

LINEで女性の反応が悪い(下がる)のには
必ず原因があります。

 

LINEにはLINEの使い方というのがあるので

そちらを勉強して頂ければと思います。

 

詳しくはメルマガの中でお話しています

https://busayari.com/magmag

 

もし興味があれば登録してみてください。

購読は無料です。

(Visited 129 times, 1 visits today)